OFFICIAL SITE

Sachin Chowdhery Official Site サチン・チョードリー オフィシャルサイト

ニュース
2020.07.05 ニュース

かけがえのない命を大切に

サチンです。

 

ニュースでも報道されているとおり

熊本や鹿児島など九州南部を中心に

河川の氾濫、土砂災害などの被害が発生しています。 

 

報道で被害の大きさを知り、

居ても立ってもいられずこの記事を書いています。

 

被災地の皆さまが、どれほど不安かと考えると、

言葉もみつかりません。

 

私はただただ、無事を祈るばかりです。

 

まだまだ心配が尽きない状況ですが、

どうぞ心を強く持って、

生きることを考えてお過ごしください。

 

そして、この雨は5日にかけて

西日本~北日本へ大雨をもたらす恐れがあるそうです。

 

今、あなたの命を守るために

知っておいて欲しいことがあります。

 

近年、日本においては

『記録的な○○』という言葉が

毎年のように使われていますが、

記録的でなくても十分に注意が必要です。

 

特に、今のように梅雨により雨が多い季節は、

通常でも河川の水かさが増し、地盤も緩くなっています。

 

多少の雨でも大災害に繋がりかねない状況ですから

もし、少しでも危険があると思うのなら

どうか、早めに避難してください。

 

命より大切なものはありません。

あなたの代わりもどこにもいません。

 

一番危険なことは、

 

「まだ、大丈夫」

 

と、思ってしまうこと。

   

自然の猛威は思った以上に恐ろしく

一瞬にしていつもの視界を別世界に変えてしまいます。

 

今は、避難したことによる

コロナ感染も心配と思いますが、

避難所もソーシャルディスタンスを

保つように工夫してくれています。

 

まずは、勇気を出して、

『特別警報』発令前に

早めの避難を心がけてください。

 

ただ、そのうえで、

状況がかなり危うくなってからの避難は

逆に危険となります。

 

夜間や浸水状況によっては、

避難しようとする行動が、

かえって命の危険を招きかねません。

 

例え、10cm程度の浸水でも

足下が見えず、側溝や河川への転落も考えられます。

 

風雨が激しいときなどは、

外出すること自体が危険を伴うのです。

 

自宅のできるだけ高いところへ避難する、

崖から少しでも離れた部屋で過ごすなど、

状況に応じた対応を心がけてください。

 

自然の猛威の前では、

我々人間は非常に無力です。

 

でも、その中でもできることは必ずあります。

 

「決して冷静さを失わないこと」

 

それには、日頃からどのように避難するか考え

シミュレーションしておくことも助けになります。

 

恐怖や恐れを助長させたいワケではありません。

 

備えることで心の平安を保って欲しいのです。

 

ぜひ、これからいつ起こるかわからない

自然災害を想定し、備えましょう。

 

大切なことなので、もう一度言います。

 

命より大切なものはありません。

あなたの代わりもどこにもいません。

 

大切なあなたに今どうしても送りたいメッセージです。

 

『かけがえのない命』をどうか大切にしてください。